土地をもっていても有休地だったり、使っていない建物があって、活用できていない人もいます。土地活用とは聞いたことがあっても、具体的にどうしたらいいかわからないなんてことになっていませんか。

また、土地をもっているが、老後になっても生活を安定させるためには、どうしたらいいかと考えている人もいたりします。土地はもっていても、そのまま何もしなければ、なかなか利益にはつながらないものです。

利益につなげていくのが、土地の有効活用と言えるでしょう。

商談中の二人の男性

引照=賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

土地の有効活用のひとつがアパート経営

土地の有効活用として、たとえば土地を売却する、貸出しするとあれば、マンションを建てて経営するもあります。そんな中、注目されているのはアパート経営でしょう。

アパート経営は、ローリスクハイリターンとも言われていて、立地条件のいいなどで、入居希望者が来れば、それで長期的、安定的に収入を得ることが可能となります。

アパート経営は、自身で必ず経営をしなくても可能です。そのために、今では土地を持っていないサラリーマンでも、副業や将来のためにと計画して、アパートを建てたり、購入して経営に参加しています。

一方、高齢者も定年後に経営を始めるケースも増えてきました。長期的、安定的ということで年金のように収入がはいると言うことに目をつけてです。

そのために今では、アパート経営は私的年金というメリットがあるとも言われています。こうした人の中には、アパート経営を15~20年ほどやって、ローンを完済したら、アパートをこわして家をたてたり、また再利用したり子どもに遺産として譲るなど、かなり長期的に計画をされる場合も出てきました。

アパート経営は、どうしても長期的なこととなります。それをどう活かすかも大切で、人生設計とも深く絡んできているのです。

こうしたアパート経営もただ一人で行うものではありません。そもそも経営をしたいと思えば、不動産業者との相談から始まります。

すると、そこからアパートの新築の相談や購入の相談となっていき、さらに経営の事業計画など、さまざまな面で不動産業者の力を借りることとなります。

実際にアパートがたった後は、経営を委託したり、入居希望者を集めてもらうなど、その役割はずっとあるのです。不動産業者との付き合いも経営成功のキーポイントとなります。

子ページでも、アパート経営について誰でもできるのか、長期的な展開、新築と中古アパートについて、不動産業者との関わりなどをテーマに書いています。

それらをもとにして、アパート経営の知識も深め、経営を始めてみてはどうでしょうか。きっとあなたに、さまざまな利益をもたらしてくれるでしょう。