アパート経営は、ただアパートを持っている・入居者を募って住んでもらうというばかりではありません。やはり、しっかりとした「管理」や「運営」が求められるのです。

そうした意識を持ち実行力を持つことが、安定的な収益を得るポイントでもあるのです。さて、そんなアパート経営ですが当然ながら修繕費用などの「支出的な側面」も出てくるでしょう。

この際にかかる金額というものは、全て経営者が出すものなのでしょうか。

アパートにかかる修繕が発生した際はオーナーが負担するものなのかを考えていきましょう

■契約内容を読み返すことが大切
修繕費用をオーナーが全て出すのか否かについては、不動産会社と契約をしている場合はその「内容」によって異なってくるかと思います。

例えば、室内リフォームから修繕が必要となるごとにその費用が発生すると言う契約内容の場合もありますし、逆に管理費用に修繕費が積立金として含まれている場合もあるのです。

積立金を行っている場合は、当然ながらそこから捻出されます。

■契約時にしっかりと把握をしておこう
契約内容に変わるという事でお分かりいただけるかと思いますが、契約をする際に充分に理解と納得をしておくことが求められます。

不動産会社との間でトラブルへと発展しないためにも留意しましょう。トラブルがおこってしまうと、相互間ばかりではなく入居者全員に迷惑をかけてしまうということもあるのです。

■計画書を作っておくこと
こうしたトラブルを回避するためにも、計画書を数年に一度更新をしながら作成するという事も良い方法でしょう。自らの理解度も深まるかと思います。

■支出部分について考えておこう
収益や利回りばかりではなく、支出ということについてもアパート経営には必要な事柄ですので考えておくようにしましょう。

そして現実的な問題になったときに対処できるようにしておきましょう。