アパート経営が、土地の有効活用だと、ネットなどで積極的にアピールされています。確かにアパートの建設も前よりも積極的に進んでいるようにもみえます。

そんなアパート経営をしてみようかと考えたときに、一番大事になってくるのは、不動産業者選びでしょう。

■不動産業者を選ぶときには
まず、不動産業者を選ぶときには、アパート経営をする地域で、実績があるかです。アパート建設はもちろん、アパートの運営の実績です。

■不動産業者を選ぶときには

やはり建設についても、建設業者とのパイプもしっかりとしているか、調整についても積極的に進めてくれるかもあります。また、運営の実績については、どれだけアパート物件をもっているか、またその入居者数は多いか、空き部屋の数はどのくらいかなども意識しておきましょう。

また、不動産業者は免許更新制ですが、免許番号を見ると横に更新回数があります。その数が多ければ、それだけ経営が長いので、信頼も高いと言えるでしょう。

やはり長期、経営している不動産業者がよいでしょう。そして、実際に相談してみてですが、アパート経営をすすめるにあたっては、事業計画や見積もりなどが重要になってきます。

アパート建設費用の見積もりの内訳がしっかりしていたり、入居希望者のコンセプトや集めかた、サポートについてなどがきちんと用意されていれば、その不動産業者は信頼してもよいでしょう。

見積もりや事業計画を複数の不動産業者からとってみて、比較してみるなどして、選ぶと良いでしょう。アパート経営では不動産業者と長く付き合います。

できれば担当者とも長く付き合えるところがなお良いです。自分にあったサポートをしてくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。