アパート経営をしてみましょうと勧めてくるネットの記事が増えています。なかなか本業だけでは、収入が上がらないからと、副業としてアパート経営をしてみませんかというものもあります。こういったものを見ると、本当に誰でも始められるものなのか気になってきませんか。

■アパート経営は誰でも始められるのか
アパート経営は、若い人はもちろん高齢者でも始められます。また、サラリーマンや他に本業があっても、副業として始めることもできます。アパート経営ときくと、始めた人は自分が大家となるものだと思っていませんか。今だとサラリーマンが副業として、アパート経営を始め、その管理は不動産業者や管理会社に委託するケースもかなり多いです。

また、不動産業者の一括借り上げの制度を利用して、すべて不動産業者が行い、入居者からではなく不動産業者から賃貸料をいただくと言うシステムもあります。どちらにしても、管理は業者に任せることができるので安心して、アパート経営を始められます。

このようにアパート経営は、基本的に資格などはいりませんし、また年齢に左右されることもなく、本業の仕事の内容にも左右はされません。誰でも始めることは可能なのです。とはいっても、アパート経営にはかなりの金額がかかります。そのために金融機関から、融資をうけないといけません。

その割合はアパート経営をはじめるの全費用の7~8割りです。残りが自己資本となります。アパート新築ならばかなりかかりますが、それだけ自己資本を必要とするのです。ですので結局は、自己資本を準備できる人となります。

■最後に
アパート経営に興味をもったら、まずはどのくらいのアパート経営にするかをきめ、それにあわせて自己資本を用意することから始めることになるでしょう。